metabo.png

「生活習慣病の予防にはシェイプアップが効果的!」目次
1・2年前、私自身が、肥満で「生活習慣病」でした。

2・無料冊子を著者の名倉さんから頂きました。ご希望の方に差し上げます。

3・「シェイプアップマニュアルl極減」のレビュー

4・他のE−Book、ダイエット方法との比較、評価

5・「生活習慣病」「メタボリック症候群(シンドローム)」の怖い話。

6・自分の力で自分を変える「極減」シェイプアップ

7・無料でもらえる著者の名倉さんの無料冊子のご案内です。


2年前、私自身が、肥満で「生活習慣病」でした。

最近「7大生活習慣病」という言葉を見かけました。
生命保険などの保険の比較をするサイトでした。

「7大生活習慣病」というのは「悪性新生物(がん)・糖尿病・心疾患・
高血圧性疾患・脳血管疾患・腎疾患・肝疾患」の7つを指すのだそうです。

以前は「成人病」と呼ばれてきましたが、長年の生活習慣が
こうした病気になりやすくする、ということで「生活習慣病」と
呼ばれるようになりました。

加齢に伴って増えてくる、と思われていた「成人病」も、
生活習慣の変化から、子供の糖尿病の増加しています。

「生活習慣病」全てが「生活習慣」から来るものではないにしろ、
生活習慣を変えることで、かなりリスクが少なくなると思います。


今では「メタボリックシンドローム」「メタボリック症候群」
といった言葉も浸透してきて、「メタボチックなんだよな。」とか
日常会話でも「メタボリック」という言葉が使われるように
なりました。


こう書いている私も、実は2年ほど前は「メタボリック」の
仲間入りをするところでした。
数年前まで異常を指摘された事のなかった
「総コレステロール値」が280mg/dlにもなっていました。

一般的には220mg/dl以下が正常値とされているので
280mg/dlというのは、かなり高い数値です。

そこで、健康診断の担当医師から、きつく言われました。
「このまま放置しておくつもりですか?中高年の女性の心筋梗塞は
多いんですよ。あなた、最近、太ったでしょう?」と。


その場は「再検査ですよね。^^;」と言って逃げましたが
ストレスによる過食で、体重はずっと保ってきた50kg前後から
65kgにまで増えていました。肥満ですね、完全に。

肥満は食べすぎと運動不足によるものです。
皮下脂肪だけではなく、内臓脂肪もつくようになると
「メタボリック症候群」の予備軍になってしまいます。

「メタボリック症候群」や「生活習慣病」については
また後ほど触れたいと思いますが、「メタボリック症候群」は
「内臓脂肪型肥満」が原因になるのです。

おへそのあたりの「腹囲」が男性で85cm以上、女性で90cm以上
の方は「メタボリック」に気をつけなさい、とはそういうわけです。


肥満を指摘されても、すぐにはピンときませんでした。
体重が増えているのはわかっていたけれど、自分の姿を見る機会は
そんなにあるものではありません。

なんとなく、今まで保ってきた体型が自分のイメージにあったのです。

ところが、たまたまデパートのエスカレーターで、
鏡に映った自分の姿を横から見てしまいました。驚きました。
「まるで『樽(たる)」のようだ!」と思いました。

そこで、ようやく本気でダイエットを決意したのでした。

でも、なかなかうまいダイエット方法が見つからず、
ずるずると時は過ぎました。


単品だけ食べるダイエットは必ず失敗してリバウンドする。
「○イクロ・ダイエット」などの置き換えダイエットも同じ事。
サプリメントなどは、ほとんど「怪しい」ものだったり、
かえって健康に害になるようなものもある・・・。


仕事柄、そういう事も知っているので「食事と運動」を
なんとかしなくては、と思いながら、
なかなか自分ではできませんでした。


「やはり自分が高齢者の方に『ケアプラン』を作るように
『ダイエットプラン』のようなものを一つ決めてやらないと
自分一人では甘えてしまってダメだな。」と考えました。


そこで、ネットを探してみつけたのが
「シェイプアップマニュアルl極減」でした。

まずタイトルに引かれました。そう、ただ体重を落とせばよい、
というものではなくて、体を「引き締めたい」と思っていたので
「シェイプアップ」というのに引かれたのです。


そして、それを購入して、体重はなんと2ヶ月で10kgも減り、
「痩せてキレイになった」とうわさされるようになりました。

総コレステロール値の再検査はサボってしまったのですが、
次の年の健康診断では、220mg/dlまで落ちて、
「再検査しなかったんですね。」とは言われましたが、
「この数値なら、まあいいでしょう。」と医師にいわれました。


人によって、そうした検査結果や数値には個人差があると思います。
だけど、「シェイプアップマニュアルl極減」を
実践してみて、「これはダイエットというより、『健康な体』を
保つためのマニュアルだ。」と思ったのです。


スタイルを気にする若い人にもいいですが、
「シェイプアップマニュアル|極減」は、
今から「中高年」と呼ばれるようになる人にも
ぜひ実践してもらえたらな、と思い、紹介することにしました。

続きを読む。


無料冊子を著者の名倉さんからいただきました。ご希望の方に差し上げます。

「メタボリック症候群(シンドローム)」は
「内臓脂肪症候群」とも呼ばれます。
「内臓脂肪型肥満」が共通の要因になって高血糖・高血圧・脂質異常が
引き起こされる状態です。

「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」のそれぞれが合併して起こると
命の危険にもかかわる場合があります。
合併した場合の治療も難しく、たとえば食事ひとつとってみても
「塩分」「カロリー」「動物性脂肪」など制限がとても多くなります。


でも、この「メタボリック症候群(シンドローム)」は、多くの場合
生活習慣の乱れからきている事がほとんどです。
ですから、生活習慣を改める事で、改善、予防する事ができます。

「メタボリック症候群(シンドローム)」を引き起こす悪い生活習慣とは
主に「食べすぎ」と「運動不足」です。
そこでこの「シェイプアップマニュアルl極減」が役立つのです。


今までの「ダイエット」の主流は「体重を落とす」、しかも
短期間にほとんど食事制限などで体重を落とすノウハウでした。
確かに食事のカロリー摂取を減らす事で、体重は落ちますし、
見かけは痩せる事ができます。

短期間に「見た目が痩せる」という結果を出そうとする若い女性に
こういった方法が支持されやすいため、
そうしたダイエット情報があふれています。


その中で「シェイプアップマニュアルl極減」は
「脂肪を落とし、筋肉をつける」「健康な体作り」を目指すものです。
ですから、「ダイエット方法」でありながら、
有料のE−Bookの販売ページの例にあるように、
痩せすぎの人が筋肉をつけて体重が増えた実例も載せています。


この「ダイエットマニュアルl極減」の販売サイトで
以前は「無料冊子」が配布されていました。
私も初めはそれを読んで大変参考になりました。

現在は「メールマガジン登録」に変っています。
一時システムのトラブルで
メールマガジンが配布できなくなっていたそうですが
復旧したそうですので作者の名倉健児さんの
メールマガジンを購読できます。

販売サイトの一番下に申し込みをするところがありますので、
ご興味をお持ちの方は、作者ご本人のメールマガジンを
まず購読されてみてはいかがでしょう。

有料のE−Bookが販売されていますが、とりあえず
それは無視して、メールマガジンだけでも
ずいぶん情報が得られると思いますよ。^^

>>販売ページはこちらにあります。


作者の名倉さんの書かれた無料冊子も
ご了解いただいておりますので、引き続きお渡ししております。

E−Bookの概要は販売サイトに書いてありますが、
この無料冊子だけでも、900人を超える成功例を出した
専門家の書かれたものなので、参考になると思います。

ご希望の方があれば、お名前(仮名でもけっこうです)と
メールアドレスを送っていただければ、折り返し
ダウンロードの方法をメールでお知らせいたします。

>>「無料冊子請求フォーム」からどうぞ。

右サイドバーのバナーからも請求できます。


次回は、「シェイプアップマニュアルl極減」の内容を
もう少し詳しく説明ますね。(*^^*)

続きを読む。

「シェイプアップマニュアルl極減」のレビュー

前回ご紹介した無料冊子はご請求いただけましたでしょうか。
まだでしたら、ご希望の方は遠慮なく請求なさって下さい。

こちらから、またバナーからでもけっこうです。

>>「無料冊子請求フォーム」

結局サイトで販売されているE−Bookを購入したのですが、
とてもいいものでした。

一見、あまり飾りがないのでそっけない感じがしますが、
実際にやってみると「なるほど。」と思います。


「今は、運動があまりできないのですが
 筋力トレーニングができるでしょうか?」
とご質問をいただきました。

医師の指導が必要な方は、主治医の先生に
ご相談なさった方がいいかもしれませんね。

一時的な怪我とかで、今現在はできないが、
という場合はその状態にもよりますが、
筋肉トレーニングを始めるのは、ステップbyステップ。
順を追ってやっていく、という風になっています。


まずは目標を定める事。どうやって目標を決めたらいいか、
そのあたりも書いてあります。
そして、自然と「やる気を引き出す方法」が書いてあります。

心理学的な要素もうまく取り入れられていると思います。
これは、実践をしてみなければ
よくわからないかもしれませんが、

ダイエットは「続ける」と
いうことが大事なので大切なことです。


そして、順々に生活の中で「インナーマッスル」
体の内側の筋肉ですが、それを鍛えていく。
その方法と生活習慣が密接に結びついている、
というところは、はっとさせられました。

そうやって、体の準備を整えながら、
シェイプアップしていきます。
体の準備が整わないうちに一度に痩せようとすると
失敗する、という事が強調されています。

一度にやれば、よけいに効果が上がる、というものではない
という事を元スポーツジムのインストラクターの
実績から掴んだノウハウで、一歩ずつすすめていきます。

これは、無理がなくてよかったです。
少しずつ筋肉を増やしていく事で、私も
われながら、体が引き締まったような気がします。

筋肉が増えると基礎代謝量も上がるので、
「太りにくい体」になるんでしょうね。
好きなものを好きなように食べても、太りません。


「シェイプアップマニュアルl極減」に書いてあることを
実行していたら、食生活自体が変ってきました。

欧米型の食事スタイルに変化してきて、
生活習慣病が増え、「メタボリック症候群」などが
多くなってきた、というのを身をもって体験する事ができました。

外食より家で食べるご飯の方が、という事が増え、
食費の節約にもなったような気がします。^^


もし、「生活習慣病」や「メタボリック症候群」を
心配されているようなら、検討してみてはいかがでしょう。
損はしないと思いますよ。(´・∀・)ノ


>>詳しくはこちらに書いてあります。


なにかご質問がありましたら、
私でよかったら、ご相談に乗れると思います。
お気軽にどうぞ。^^

>>ご質問はこちらから。


次は、他のダイエットに関するE−Bookも
比較検討してみたので、その事をお話ししますね。(*^^*)

続きはこちらです。

他のE−Book、ダイエット方法との比較、評価

肥満、そして肥満になるような生活習慣が
「メタボリックシンドローム(症候群)」「生活習慣病」を
引き起こす大きな要因のひとつ、というお話しをしました。

「シェイプアップマニュアルl極減」が、無理なく生活習慣を
見直し、変えていくことの出来るマニュアルだ、とお話ししました。
では、他にはいいものがないのでしょうか。

できるだけ、ちょっとでも安い方がいいですよね。^^


実は、そのヒントはタダで手に入ります。
こういう「シェイプアップ」を無料で推進している機関があります。
それは・・・政府。厚生労働省です。

健康保険の問題、介護保険の問題。財政ピンチです。
みんなに健康で「健康保険」や「介護保険」の
お世話にならないようにしてもらいたい。

だけど、そこから手に入る資料を基に、研究をして
マニュアルとしてまとめる・・・と、膨大な時間がかかります。
基本は同じです。バランスのとれた食事と適度な運動。

ちょっと業界のウラ的ですが、介護予防事業をするはずの
「地域包括支援センター」は40代からが対象ですが、
自治体によって違いは多少あるかもしれませんけど、
そこまで手がまわりませんから。予算ないので人手がないし。


「シェイプアップマニュアルl極減」は、それが
著者の名倉さんは、意識されてるのかどうかわかりませんが、
ステップbyステップで、順を追って無理なくできるようになってる。
「王道ダイエット」です。

しかし、もっと安いのはないのか?(欲張り?)

これが案外難しいのです。早く、ラクに、お手軽に、やせたい。
こういう人が多いから、ダイエット産業は流行るらしくて。^^;

平均実績30日で−6.7kg!ラクチン体質革命で脂肪を落としまくる、超健康シェイプアップ法

こういうの、見つけました。ちょっと安いです。
目次だけ見るとちゃんとした「シェイプアップ」かな〜?と
思ったんですが、販売サイトを見ると・・・(*´A`*)??

ちょっと矛盾したところ、おかしいな、と思うところがありますね。
買っていないので、わかりませんが。

【問い合わせ殺到でデータ版として帰ってきました】サムスダイエットプログラム+特別付録【3秒で痩せる方法】

これは高いですね。ちゃんとした方法なのかもしれません。
ちょっと資料だけ取り寄せてみましたが・・・。
「3秒」はあり得ないですが、参考にはなります。

ただ、そこからサイトに行くと、立派なサイトでなんだか
E−Bookだけではすまない雰囲気がありますね。
これも買っていないのでわかりませんが。


ほかに「ダイエット」というので安いE−Bookもありますが
一時的に体重を落とす事はできても、ずっと使えそうなのは
ほとんどないですね。

こうやって紹介するとなると、良さそうなら参考に買って、
そっちが良ければそっちを・・・と思ったのですが、
どうやら私、「当たり」を引いたようですね。

ちょっと「ラッキー♪」と思いました。
余分にお金使わなくて済んでしまいましたから。^^
やはり、責任を持って紹介したいですからね。


類似品もありますが、
とりあえず「シェイプアップマニュアルl極減」なら、
中身を知ってますし、買っても間違いないと思います。(´・∀・)ノ


菜乃オススメの>>『シェイプアップマニュアル | 極減』

こういうダイエット関連のE-Bookを紹介するようになって、
いろいろ読ませていただく機会ができました。

でもなかなかこういう「手順書」=「マニュアル」はないですね。

質問などございましたら、お気軽にどうぞ。
経験者としても、けっこうお答えできると思いますよ。^^

ご質問はこちらからもできます。>>「質問フォーム」


次回は、「生活習慣病」の怖〜いお話しです。( ̄− ̄)?

続きはこちらです。

「生活習慣病」「メタボリック症候群(シンドローム)」の怖い話。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。(*^^*)

いい生活習慣を身につける事が、肥満を予防し、
メタボリック症候群(シンドローム)を予防する。

また、介護予防にもつながっていく、
という事がわかっていただけたら、と思います。


なぜ、こんなにあなたにお話しするか、っていうと、
自分が「シェイプアップマニュアルl極減」のノウハウで
ダイエットできたんだけど、「これは健康法として使える。」
って思ったから。生活習慣病の怖さを自分の目で見てきたからです。

「メタボリック症候群(シンドローム)」予備軍って指摘された方、
おへそのあたりの「腹囲」が男性で85cm以上、
女性で90cm以上の方に、その怖さを知っていただきたいです。


高血圧、高脂血症、糖尿病のいずれかが、
「肥満(体内脂肪増加による)」を要因として
合併してしまうのが「メタボリック症候群(シンドローム)」です。


高血圧、高脂血症、糖尿病の怖さを、
私は病院の入院病棟で勤務してきた時、
自分の目で見てきました。ほんとに怖いです。

糖尿病で目が見えなくなってしまった人、
足の先が腐って切断しないといけなくなった人、
腎臓が悪くなり、お盆もお正月も関係なく週3回の透析、など…。

そのうちどれか一つとは限りません。
失明して、透析にも通っている、という人は多いです。
退院してしばらくして、急に亡くなられた方もいらっしゃいました。

透析患者さんの命のリスクはとても高いです。
透析するための血管増設には、約100万円かかります。
1回作っておしまい、というわけにもいかない場合もあります。

高額医療費で戻ってくるものもありますが、
やはり負担が大きい事に変りはありません。
週2〜3回、一日のうち4時間程度をベッドの上で
じっと過ごさなければなりません。


血圧が上がれば、心筋梗塞、脳梗塞のリスクも上がります。
高脂血症になればなおさらです。
総コレステロール値や中性脂肪値の高い方は要注意です。

私も健康診断で「中高年の女性の心筋梗塞は多いんですよ!」
と叱られました。(やっぱ「中年」?…orz)

脳梗塞の後遺症も大変です。半身不随。認知症。
入院期間が長引くケースが多いですが、
医療費の改悪で、保険点数の関係上、
病院をたらい回しにされる事が多くなっています。

糖尿病や高血圧、高脂血症を合併すると
治療も大変です。食事だけとってみても、
カロリーも塩分も制限されます。味気ないものです。


書いていたらキリがありませんが、
そういう人達を多く見てきました。


最近では、男性では有意な差は見られなかったものの
女性の肥満の方はガンの罹患率が高い、という報告もあります。


見た目のかっこ悪さ、だけではなく、健康な体を作る
生活習慣を、今から作っておく事はとても大切だと思います。


もう、笑い事じゃないですね。
あなたは大丈夫ですか?

私、菜乃は他人事と思ってたけど、
大丈夫じゃありませんでした。^^;


自分の事は自分で守らないと、誰も守ってくれません。
介護予防をするという目的で作られた
「地域包括支援センター」。何かやってくれると思いますか?

自治体や地域によって、差があるとは思いますが、
私の地域で1ヶ月に「要支援」と認定される人は千人を超えます。
「地域包括支援センター」のそれに対する要員は3〜4人です。

「40才以上の要支援になりそうな人」にまで
対応できると思いますか?そのはずだったんですけど。

「地域包括支援センター」って、知ってますか?
知られないくらい、何もできないんです。
要支援と認定された方の一部くらいにしか。


(痩せ過ぎにもリスクはあるので、注意が必要です。
「シェイプアップマニュアル 極減」の方法では、
痩せ過ぎにはなりません。健康な体を作る方法です。)


私でよければ、お役にたちたいと思います。
ご質問はお気軽に>>こちらからどうぞ。


もう解説はいいから、現物が欲しい、という方は、
「シェイプアップマニュアルl極減」販売ページへ

本気で考えてるならその方が手っ取り早いかもしれませんね。
価格以上のものはあると思いますよ。


次回はあなたへのメッセージです。

これだけ知っていながら、
生活習慣病やメタボリック症候群の予備軍だった私の話を、
それを心配するあなたに
少し聞いていただけたらと思います。(;´∀`)

続きはこちらです。

自分の力で自分を変える「極減」シェイプアップ

ここまで読んで下さった方は、
「生活習慣病」「メタボリック症候群」を気にされている方、
またはダイエットに関心がある方と思います。

ダイエットだけでなく「生活習慣」から立て直せる
「シェイプアップマニュアルl極減」は
誰かにまかせきりにするのでもなく、
高いサプリメントを飲むのでもなく、
ダイエット食品に頼るのでもありません。

自分の生活習慣を、自分で立て直す方法・ノウハウがあります。
これを実践すると、「自分の力で自分が変っていく」
とても達成感のある充実した日々を送れるようになります。

シェイプアップの方法、ダイエットの方法は、
私が高齢者のケアプランを立てるように、
専門家のマニュアルに沿って行った方が、
ずっとスムーズだし、達成しやすいのです。

そして、実際に手にとってみて、
「ああ、こんな事から始めるのか。」
心理学的な手法も含めて、丁寧に書いてあります。


私がまだ病院に勤務する前に、ちょっと紹介があって
工場に臨時で勤務した事があります。
その時は、私はほんとに我ながら引き締まった体でした。

自分で言うのもなんですが、
足だって、筋肉はついてるけどスマートで、
足首なんかきゅっと引き締まってカッコよかったです。

その頃は仕事も肉体労働系で、
毎日有酸素運動をやっているようなものでしたが、
それだけではなくて、生活も今と違って
「シェイプアップマニュアルl極減」に
書いてあるような生活を、自然にしていました。


「あの頃はもっと引き締まってたのにな・・・。」とか言うと
同僚は「若い頃と比べても。」と笑い、「そうだなぁ。」と
思ったりしていましたが、今からでも遅くはなかったのです。

「バランスのとれた食生活」「適度な運動」と言っても
何からやったら一番いいのか、やはりそこには
プロのノウハウがあるのです。

どっちも一度に頑張ろうとしたら続きません。
挫折して、よけいにリバウンドして、自己嫌悪。
これはかなりつらいです。

特に、ダイエットをしようとしている方は
「バランスのとれた食生活」ではなく
やみくもに「カロリー制限」をする方が多いので
よけいに「太りやすい体」を作ってしまいます。


目標を設定する方法から細かく書いてありますが
それを実際に実行するのは自分自身です。
フィットネスマシンがやってくれるのでも
エステサロンでやってもらうのでもありません。

「自分が自分の力で変っていける。」この自信が
いっそう、あなたを輝かせる事と思います。
しかも、それは、無理もなく一歩一歩、
考え抜いた、成果を上げてきた方法です。


・・・どうも私は書きすぎですね。(;´∀`)
やたら長くてごめんなさい。

あなたにも、この充実感を味わって欲しいし、
「王道ダイエット方法」というだけではなく、
「一生使える健康法」として、

「シェイプアップマニュアルl極減」を
検討してみてはいかがでしょうか。

私でよろしければ、いつでもご相談に乗ります。
何かご不明な点がございましたら、バナーからでも、
下のフォームからでも受け付けておりますので
お気軽にご相談下さい。

>>「質問受付フォーム」はこちらにもあります。

続きはこちら。

無料でもらえる著者の名倉さんの無料冊子のご案内です。

この、私がオススメするシェイプアップ法、
「シェイプアップマニュアルl極減」の著者、
名倉健児さんの書かれた無料冊子を配布してよい、と
許可をいただきました。

1.「あなたはシェイプアップ・ダイエットになぜ失敗してきたのか」
2.「脂肪を落とし、筋肉をつける」
3.「カンタン!足やせ!6つの秘密」

の3つです。

1.の無料冊子からの引用です。

“本物のスリムビューティー”を目指すなら
「痩せること」のみを理想にするのはもうやめましょう。

本当に欲しいのは「痩せたカラダ」ではなく
「スリムな健康体をみずから維持し続けてくれる身体」なのです。


こういう考え方に基づいて書かれています。
「シェイプアップマニュアルl極減」は。


これで大体の「極減」の考え方と骨子はつかめると思います。
ただ、「極減」は「手順書=マニュアル」ですから、
どう進めていくのが効果的かは、企業秘密?

そうでないと有料のE−Bookの意味ないですからね。
でも、これだけでも、けっこうヒントはつかめますよ。(o^-’)b


興味がございましたら、「無料冊子請求」のバナーか

こちら>>「無料冊子請求フォーム」
お名前(仮名でもけっこうです)、メールアドレスを
打ち込んでお送りください。

折り返し、ダウンロード方法をメールでお送りいたします。

迷惑メールとか来ませんので、ご安心下さい。
もし有益な情報がございましたら、お知らせする程度です。
それも必要ない、という方は断っていただければ送りません。


手っ取り早く、「極減」が欲しい、という方は
こちら>>『シェイプアップマニュアル | 極減』販売サイトへどうぞ。

生活習慣病に関する用語集(1)

生活習慣病とは「糖尿病・脳卒中・心臓病・高脂血症・高血圧・肥満」
などという生活習慣が大きな要因となって引き起こされる病気です。

生命保険や入院保険・医療保険などでは、
「7大生活習慣病」として「ガン、脳血管疾患(脳卒中を含む)、
心疾患(急性心筋梗塞を含む)、高血圧、糖尿病、慢性腎不全、
肝硬変」を特約として扱うところが増えています。

生活習慣病は以前は「成人病」と呼ばれていましたが、生活習慣の
乱れが要因になっている事が多く、現在では予防できると
考えられています。

しかし、生活習慣の変化により、小児糖尿病が増加するなど
生活習慣病は大きな社会問題にもなっています。

生活習慣病の原因は主に食生活・運動不足・ストレスと言われています。
生活習慣病の原因をなくすためには、生活習慣を見直すことです。
生活習慣病の予防には、食生活の改善、適度な運動等が効果的です。

生活習慣病予防士・生活習慣病予防指導士は
NPO法人日本ホリスティック医学協会の認定資格です。
生活習慣病予防士は自分自身や家族、知人の生活習慣病の予防という
セルフケアのためのものです。
生活習慣病予防指導士は地域・職場の健康管理指導など第三者を
含めてアドバイス・カウンセリング等ができる
さらに深い知識を習得します。

国家資格や県などの認定資格ではありませんが、
日本リフレクソロジスト養成学院(東京・大阪)
東北福祉大学予防福祉健康増進センター(宮城県仙台市)
IWAD環境福祉専門学校(広島市南区)などで学ぶ事ができます。
またNPO法人 グリーンメビウス(福岡市中央区)
専門学校 北海道体育大学校 (北海道札幌市)などでも
内部講座が開かれています。(通信教育を含む)

知識習得にかかる費用は通信制で
生活習慣病予防士:8万円程度
生活習慣病予防指導士:13万円程度
別途受験料が必要です。

日本生活病予防協会は2000年に設立された特定非営利活動法人です。
各区、市町村や社会保険健康事業財団などにより
生活習慣病予防検診(ガン検診も含む)も行われています。

muryou-gazo-2.png situmon-gazo-2.png
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。