metabo.png

「生活習慣病の予防にはシェイプアップが効果的!」目次
1・2年前、私自身が、肥満で「生活習慣病」でした。

2・無料冊子を著者の名倉さんから頂きました。ご希望の方に差し上げます。

3・「シェイプアップマニュアルl極減」のレビュー

4・他のE−Book、ダイエット方法との比較、評価

5・「生活習慣病」「メタボリック症候群(シンドローム)」の怖い話。

6・自分の力で自分を変える「極減」シェイプアップ

7・無料でもらえる著者の名倉さんの無料冊子のご案内です。


無料冊子を著者の名倉さんからいただきました。ご希望の方に差し上げます。

「メタボリック症候群(シンドローム)」は
「内臓脂肪症候群」とも呼ばれます。
「内臓脂肪型肥満」が共通の要因になって高血糖・高血圧・脂質異常が
引き起こされる状態です。

「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」のそれぞれが合併して起こると
命の危険にもかかわる場合があります。
合併した場合の治療も難しく、たとえば食事ひとつとってみても
「塩分」「カロリー」「動物性脂肪」など制限がとても多くなります。


でも、この「メタボリック症候群(シンドローム)」は、多くの場合
生活習慣の乱れからきている事がほとんどです。
ですから、生活習慣を改める事で、改善、予防する事ができます。

「メタボリック症候群(シンドローム)」を引き起こす悪い生活習慣とは
主に「食べすぎ」と「運動不足」です。
そこでこの「シェイプアップマニュアルl極減」が役立つのです。


今までの「ダイエット」の主流は「体重を落とす」、しかも
短期間にほとんど食事制限などで体重を落とすノウハウでした。
確かに食事のカロリー摂取を減らす事で、体重は落ちますし、
見かけは痩せる事ができます。

短期間に「見た目が痩せる」という結果を出そうとする若い女性に
こういった方法が支持されやすいため、
そうしたダイエット情報があふれています。


その中で「シェイプアップマニュアルl極減」は
「脂肪を落とし、筋肉をつける」「健康な体作り」を目指すものです。
ですから、「ダイエット方法」でありながら、
有料のE−Bookの販売ページの例にあるように、
痩せすぎの人が筋肉をつけて体重が増えた実例も載せています。


この「ダイエットマニュアルl極減」の販売サイトで
以前は「無料冊子」が配布されていました。
私も初めはそれを読んで大変参考になりました。

現在は「メールマガジン登録」に変っています。
一時システムのトラブルで
メールマガジンが配布できなくなっていたそうですが
復旧したそうですので作者の名倉健児さんの
メールマガジンを購読できます。

販売サイトの一番下に申し込みをするところがありますので、
ご興味をお持ちの方は、作者ご本人のメールマガジンを
まず購読されてみてはいかがでしょう。

有料のE−Bookが販売されていますが、とりあえず
それは無視して、メールマガジンだけでも
ずいぶん情報が得られると思いますよ。^^

>>販売ページはこちらにあります。


作者の名倉さんの書かれた無料冊子も
ご了解いただいておりますので、引き続きお渡ししております。

E−Bookの概要は販売サイトに書いてありますが、
この無料冊子だけでも、900人を超える成功例を出した
専門家の書かれたものなので、参考になると思います。

ご希望の方があれば、お名前(仮名でもけっこうです)と
メールアドレスを送っていただければ、折り返し
ダウンロードの方法をメールでお知らせいたします。

>>「無料冊子請求フォーム」からどうぞ。

右サイドバーのバナーからも請求できます。


次回は、「シェイプアップマニュアルl極減」の内容を
もう少し詳しく説明ますね。(*^^*)

続きを読む。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80115553

この記事へのトラックバック
muryou-gazo-2.png situmon-gazo-2.png
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。