metabo.png

「生活習慣病の予防にはシェイプアップが効果的!」目次
1・2年前、私自身が、肥満で「生活習慣病」でした。

2・無料冊子を著者の名倉さんから頂きました。ご希望の方に差し上げます。

3・「シェイプアップマニュアルl極減」のレビュー

4・他のE−Book、ダイエット方法との比較、評価

5・「生活習慣病」「メタボリック症候群(シンドローム)」の怖い話。

6・自分の力で自分を変える「極減」シェイプアップ

7・無料でもらえる著者の名倉さんの無料冊子のご案内です。


「生活習慣病」「メタボリック症候群(シンドローム)」の怖い話。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。(*^^*)

いい生活習慣を身につける事が、肥満を予防し、
メタボリック症候群(シンドローム)を予防する。

また、介護予防にもつながっていく、
という事がわかっていただけたら、と思います。


なぜ、こんなにあなたにお話しするか、っていうと、
自分が「シェイプアップマニュアルl極減」のノウハウで
ダイエットできたんだけど、「これは健康法として使える。」
って思ったから。生活習慣病の怖さを自分の目で見てきたからです。

「メタボリック症候群(シンドローム)」予備軍って指摘された方、
おへそのあたりの「腹囲」が男性で85cm以上、
女性で90cm以上の方に、その怖さを知っていただきたいです。


高血圧、高脂血症、糖尿病のいずれかが、
「肥満(体内脂肪増加による)」を要因として
合併してしまうのが「メタボリック症候群(シンドローム)」です。


高血圧、高脂血症、糖尿病の怖さを、
私は病院の入院病棟で勤務してきた時、
自分の目で見てきました。ほんとに怖いです。

糖尿病で目が見えなくなってしまった人、
足の先が腐って切断しないといけなくなった人、
腎臓が悪くなり、お盆もお正月も関係なく週3回の透析、など…。

そのうちどれか一つとは限りません。
失明して、透析にも通っている、という人は多いです。
退院してしばらくして、急に亡くなられた方もいらっしゃいました。

透析患者さんの命のリスクはとても高いです。
透析するための血管増設には、約100万円かかります。
1回作っておしまい、というわけにもいかない場合もあります。

高額医療費で戻ってくるものもありますが、
やはり負担が大きい事に変りはありません。
週2〜3回、一日のうち4時間程度をベッドの上で
じっと過ごさなければなりません。


血圧が上がれば、心筋梗塞、脳梗塞のリスクも上がります。
高脂血症になればなおさらです。
総コレステロール値や中性脂肪値の高い方は要注意です。

私も健康診断で「中高年の女性の心筋梗塞は多いんですよ!」
と叱られました。(やっぱ「中年」?…orz)

脳梗塞の後遺症も大変です。半身不随。認知症。
入院期間が長引くケースが多いですが、
医療費の改悪で、保険点数の関係上、
病院をたらい回しにされる事が多くなっています。

糖尿病や高血圧、高脂血症を合併すると
治療も大変です。食事だけとってみても、
カロリーも塩分も制限されます。味気ないものです。


書いていたらキリがありませんが、
そういう人達を多く見てきました。


最近では、男性では有意な差は見られなかったものの
女性の肥満の方はガンの罹患率が高い、という報告もあります。


見た目のかっこ悪さ、だけではなく、健康な体を作る
生活習慣を、今から作っておく事はとても大切だと思います。


もう、笑い事じゃないですね。
あなたは大丈夫ですか?

私、菜乃は他人事と思ってたけど、
大丈夫じゃありませんでした。^^;


自分の事は自分で守らないと、誰も守ってくれません。
介護予防をするという目的で作られた
「地域包括支援センター」。何かやってくれると思いますか?

自治体や地域によって、差があるとは思いますが、
私の地域で1ヶ月に「要支援」と認定される人は千人を超えます。
「地域包括支援センター」のそれに対する要員は3〜4人です。

「40才以上の要支援になりそうな人」にまで
対応できると思いますか?そのはずだったんですけど。

「地域包括支援センター」って、知ってますか?
知られないくらい、何もできないんです。
要支援と認定された方の一部くらいにしか。


(痩せ過ぎにもリスクはあるので、注意が必要です。
「シェイプアップマニュアル 極減」の方法では、
痩せ過ぎにはなりません。健康な体を作る方法です。)


私でよければ、お役にたちたいと思います。
ご質問はお気軽に>>こちらからどうぞ。


もう解説はいいから、現物が欲しい、という方は、
「シェイプアップマニュアルl極減」販売ページへ

本気で考えてるならその方が手っ取り早いかもしれませんね。
価格以上のものはあると思いますよ。


次回はあなたへのメッセージです。

これだけ知っていながら、
生活習慣病やメタボリック症候群の予備軍だった私の話を、
それを心配するあなたに
少し聞いていただけたらと思います。(;´∀`)

続きはこちらです。
この記事へのコメント
母が透析治療を受けています。
糖尿病から腎不全になりました。
本人も「こんな病気になるとは・・」と
言っていましたが、糖尿は体質もあって
遺伝的な要素もあると聞きました。

私も日頃の生活習慣には気をつけたいと思います。
運動療法にも役立つでしょうか?
わが子には、迷惑をかけたくないのです。
透析の送り迎えだけでも大変です。
母の足もしびれがきております。
将来がとても不安です。
Posted by 由佳里 at 2008年10月11日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80450419

この記事へのトラックバック

糖尿病が良くなるごちそうレシピ ─糖質制
Excerpt: 医者が漢方薬を積極的に使うことが珍しかった頃から、アトピー治療を漢方や断食療法からアプローチしたことで知られる、あの江部先生が書かれたのに興味を持ち読んでみた。で、感想だがこれはダイエットの神様でアメ..
Weblog: 生活習慣病への思い
Tracked: 2008-01-29 06:03
muryou-gazo-2.png situmon-gazo-2.png
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。