metabo.png

「生活習慣病の予防にはシェイプアップが効果的!」目次
1・2年前、私自身が、肥満で「生活習慣病」でした。

2・無料冊子を著者の名倉さんから頂きました。ご希望の方に差し上げます。

3・「シェイプアップマニュアルl極減」のレビュー

4・他のE−Book、ダイエット方法との比較、評価

5・「生活習慣病」「メタボリック症候群(シンドローム)」の怖い話。

6・自分の力で自分を変える「極減」シェイプアップ

7・無料でもらえる著者の名倉さんの無料冊子のご案内です。


一生太らない体の作り方

ダイエット、というと女性が気にするようですが
生活習慣病検診が始まってから、
メタボリック症候群を気にする男性にも
シェイプアップへの関心が高まっているようです。


年齢を重ねると、若い頃よりも太りやすくなります。
体の消費エネルギーが少なくなってくるのに
若い頃と変わらない食事量をとりがちです。


なぜ体の消費エネルギーが少なくなるのか。
それは、筋肉の量が減少するからです。
それで基礎代謝が減ってしまうのです。
基礎代謝というのは、ほぼ筋肉の量に比例します。


人間が消費するエネルギーは、運動よりも
基礎代謝で消費するエネルギーの方が
はるかに多いのですから、
筋肉の量を増やす事が大切ですね?


でも、キツイ運動はいやですよね?


はい、そうですね!

私もあまり時間取れません。


この「極減」のシェイプアップ方法なら
無理な運動をしないで、筋肉を増やし、
脂肪を減らしていく事ができます。


すごいですね!


いきなりエアロビ行っても難しいですよね?
キツイと続かないですよね?


そうなんです。
それに、エアロビクスみたいな有酸素運動では
筋肉はつかないんですね。


だからといっていきなりバーベルは無理ですね?
そうですよね。腰を痛めかねません。
腕も痛くなりますね。


ジョギングも年を重ねると
急に始めるとかえって膝を痛めかねませんから
注意が必要です。


「シェイプアップマニュアル|極減」は
元ジムのインストラクターさんのマニュアルですから
専門家。一生モノのノウハウなのです。


長時間の運動は必要ありません。
逆にやめた方がいいそうです。


一生続けられるノウハウだから
一生太らない体ができるのが「極減」です。

                        トップへ戻る

男性向け携帯ダイエットサイトオープン

(株)ブレード・コミュニケーションズは、
2008年11月27日より「EZweb」公式サイトとして、
2008年12月1日より「Yahoo!ケータイ」公式サイトとして、
メタボが気になる健康志向の男性向けダイエット支援サイト
「超★ダイエット★ラボ」のサービス提供を開始するそうです。

このサービスは「EZweb」と「Yahoo!ケータイ」に
対応するということです。

URL: http://diet.diet-lab.net /
(EZweb端末、Yahoo!ケータイ共通)
CNETJapanプレスリリースより

生活習慣病に対応する健康診断も始まり、
メタボリック症候群に対する関心が高まっていますが
今までは、女性向けのダイエット方法は
多く紹介されていましたが、それに比べて
男性向けのダイエット情報は少ないですね。

やはり美容に関心を持ち、体型などを気にする女性は多く
ダイエット商品、といえば女性をターゲットにするものが
多くつくられてきました。

はっきり言って男性をターゲットに
ダイエット商品を作ってもあまり売れないというのが実情で、
実際は別に男性でも女性でも対応できる内容であっても、
ダイエット方法といえばターゲットは女性を中心にしないと、
というのが常識のようになっていた感があります。

ただ、今生活習慣病検診が始まり、
メタボという言葉も定着するようになってから
男性の肥満にもようやく目が向けられるようになった、
というか、男性もダイエットにお金を使うようになった、
という市場動向がダイエット業界にも反映されているのでは、
と思います。

この「シェイプアップマニュアル|極減」にしても
男性、女性問わず対応できる健康的なダイエット方法なのに
やはり主に女性にターゲットを置いて書いてある事は否めません。
実際の「シェイプアップマニュアル|極減」の内容は
男女の区別なく生活習慣病にとても効果のある
シェイプアップ方法です。
しかも、専門家(元ジムのトレーナー)が
作って来たノウハウですから間違いありません。

むしろ南優子式ダイエットなどは、「痩せたい女性」を
ターゲットにした間違ったダイエット方法で、
体や心を壊して欲しくない、という思いから作られた、
女性向けのダイエット方法といえると思います。

「シェイプアップマニュアル|極減」は
ステップbyステップで脱メタボの生活習慣が作れるという点で、
女性のみならず、男性の方も取り組んでいただけたら
生活習慣病の予防、メタボリック症候群の予防につながって
いくものになるのではないかと期待されます。

メタボリックシンドロームはダイエットの近道?

今週はメタボリックシンドロームとダイエットを取り上げたい。本年4月より、生活習慣病予防のため、メタボリックシンドロームに着目した「特定健康診査」と「特定保健指導」が始まった。しかし、健康診断を受け、専門家から生活指導をされても、「生活習慣」は、「ビジネス習慣」そのものであり、そう簡単には直らない。

こんな記事をみつけましたよ。「nikkei PB net」連載のコラム、
林 志行さんの「現代リスクの基礎知識」からです。

5月13日から始まった今週のコラムでは、
「メタボリックシンドロームとダイエット」をとりあげられるそうです。
ご自身も今年の1月から5キロ痩せて標準体重に戻されたとの事。

そのノウハウをあかしていらっしゃるのですが、やはり

いわゆる、身体がなまった中年の生活態度を改めるなかで、筋肉を付けるためのダイエットである。単に痩せるだけではなく、内臓脂肪を取り除き、骨格筋をつける戦略に出た。

というわけで、脂肪を落として筋肉をつけ、基礎代謝をアップさせる、
この方法はダイエットの王道ですね。

ダイエット食品に頼らない、ダイエット産業に踊らされない・・・
そういう姿勢が大切だということを改めて感じました。

「スタイルが良くなってキレイになりたい。」
「『メタボ』予備軍って言われたから、なんとかしなきゃ。」
そういう心理につけこんで、様々なダイエット食品、
ダイエット器具、サプリメントが氾濫していますが、
生活習慣の見直しで随分かわるものです。

「シェイプアップマニュアル|極減」も単に
「ダイエット」にとどまらず、脂肪を落として筋肉をつける
まさに「シェイプアップマニュアル」です。

E−Bookというのは市販本と比べて、
高価なのは高価なのですが、「サポート」などの
サービスが付随している事を考えたら、
市販本とは比較できない、と思います。

むしろ「通信教育」に近いものがあるので、
そう考えると安いですね。

サポートして下さる方が経験のある方かどうかも要チェックです。
単に「自分が痩せた」経験のある方だけでは、
いろいろな個々人のケースに対応しきれない場合が多いのです。

問題はその中身で、確かに「ダイエット産業」に
乗っかって、中身のないものもあるので要注意です。

特に「部分痩せ」や「短期間でケーキをいくら食べても」
みたいに書いてあるものは魅力的ですが、
かえって健康によくないものがあるので要注意です。

その点、ジムのインストラクターとして
指導経験を積んできた名倉さんの「極減」は
「メールサポート1年間」もあり、安心してお奨めできます。

普段のメールのやりとりでは、回答も早く、親切丁寧ですが、
「他力本願」な方には、少し厳しいかもしれません。^^;

「生活習慣病の予防には『シェイプアップ』が効果的」TOPへ


「シェイプアップマニュアル|極減」販売サイト
muryou-gazo-2.png situmon-gazo-2.png
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。